川崎市で債務整理を依頼する場合の弁護士と司法書士の違い

川崎市債務整理弁護士司法書士違い

 

川崎市には弁護士も司法書士も数多くいて、その中には債務整理などの借金案件に慣れている強い弁護士や司法書士もいます。

 

そういった中で弁護士事務所と司法書士事務所のどっちに債務整理を依頼したらいいのか悩んでいる人もおおいのではないでしょうか。

 

話を聞くと何となく弁護士に相談するのは抵抗があるので司法書士に相談するという人が多いように感じるのですが、それは大きな間違いです。

 

無料相談をするだけでなら司法書士と弁護士で大きな違いはないですが、実際に債務整理手続きをする場合には司法書士と弁護士では大きな違いがあります。

 

債務整理をする場合の弁護士と司法書士の違い

 

債務整理の依頼料金は司法書士の方が安い

 

債務整理の手続き費用について簡単に比較すると、総合的に司法書士の方が安いです。

 

この費用の違いも債務整理で司法書士に相談する人が多い理由の一つなのですが、司法書士の依頼料金が安いのには理由もあります。

 

任意整理については弁護士と司法書士で大きな違いはないですが、個人再生や自己破産のような裁判所で行う債務整理方法の場合は、司法書士だと弁護士のように代理人になって手続きを行うことができないです。

 

そのため個人再生や自己破産では司法書士は担当できる業務に制限があります。つまり業務制限があるので依頼料金が安いのです。

 

別にお得だから安いというわけではないということを知っておきましょう。

 

裁判所での手続き費用は司法書士の方が高額

 

単純に依頼料金が安いという理由で司法書士に債務整理をすると後悔する可能性があります。

 

その理由は裁判所での手続き費用の違いについてです。

 

多くの人は単純に弁護士や司法書士への依頼料金で比較しがちですが、裁判所での手続き料金も立派な料金です。しかも弁護士と司法書士で裁判所での手続き料金に違いがあることを知らない人は多いです。

 

司法書士で手続きを行えないので、そのサポートのような形で裁判所から専門家をあてがわれます。その費用はこちら持ちで10万円以上するのが普通です。しかし弁護士に依頼すれば、弁護士が代役に慣れる場合があるので、その分だけ費用が安くなります。

 

つまり依頼料金と裁判所での手続き料金を合わせると、そこまで弁護士と司法書士で料金が変わらなくなる場合もあり、場合によっては司法書士の方が高額になることすらありおます。

 

司法書士は140万円を終える債務は担当できない

 

任意整理などの場合に借金額が140万円を超えるような場合には司法書士に依頼することはできないです。

 

ただこの140万円というのは貸金業者1社あたりの借金額についてで、2社合計で200万円の場合で、A社から100万、B社から100万円借りているという場合には個別で140万円以下なので担当できます。

 

このように司法書士は弁護士とは違い、債務整理について色々な制限があるので注意が必要です。

 

こういったことを知らずに単純に料金が安いからという理由で司法書士に債務整理を依頼すると、裁判所での手続き費用を知った時に後悔する可能性があります。

 

債務整理を司法書士に依頼する場合にはこういったことをあらかじめ理解してから正式に依頼するようにしましょう。

川崎市で債務整理を依頼するなら弁護士と司法書士どちらがいい?

川崎市債務整理弁護士司法書士どちらがいい

 

川崎市で債務整理を利用する場合に、結局、司法書士と弁護士どっちがいいのかということですが、結論を言うと「人によって違う」としか言えないです。

 

そもそも人によって借金状況は違ってくるので、最適な債務整理方法も違ってきます。債務整理方法が違ってくれば弁護士と司法書士のどっちがいいのかもおのずと分かれてきます。

 

そのためあくまでも私の意見ですが、任意整理は司法書士、個人再生と自己破産は弁護士と考えるといいと思います。

 

任意整理は司法書士が良い理由

 

任意整理は裁判所が関係しない債務整理方法なので、弁護士と司法書士で手続きに大きな違いはないです。そのため手続き費用も大きな違いはなく、単純に依頼料金の安い司法書士にメリットがあります。

 

また司法書士事務所でも任意整理に関する強みを理解している事務所が多いので、あえて任意整理に力を入れて取り組んでいる事務所が多かったりします。

 

ただ1社で140万円以上の債務がある場合には司法書士は担当できないので弁護士に依頼する必要があります。こういったことを考慮しながら司法書士にするか検討しましょう。

個人再生と自己破産は弁護士が良い理由

 

個人再生と自己破産は裁判所で手続きを行う債務整理方法なので、司法書士と違って弁護士なら裁判所で代理人なれるので手続きを丸投げできスムーズに進めることができます

 

また裁判所での手続き料金も、一部を依頼した弁護士が担当してくれることから安く済ますことができ単純に費用面でも弁護士の方にメリットがあります。

 

司法書士の場合は裁判所での手続きは自分で行う必要があり、そこで自分のミスで手続きを失敗する可能性もないわけではないので不安が残ります。

 

しかし弁護士なら手続きを専門家に丸投げできるのでこちらは不安を感じることはないです。

 

あくまでもざっくりですが、川崎市で債務整理を依頼する場合の弁護士と司法書士との違いについて解説しました。

 

しかし実際に債務整理を依頼する場合には事前に無料相談などを利用して正式に依頼する弁護士や司法書士を選ぶようにしましょう。

 

無料相談を利用して専門家に話を聞くことでわかってくることもあります。

 

下記のサイトでは債務整理に慣れている無料相談対応の有名な司法書士や弁護士をランキングにして比較しているので参考になります。

 

無料相談にも対応しているので気軽に活用してください。