川崎市で個人再生を利用するメリットとデメリット

川崎市個人再生メリットデメリット

 

川崎市は都心へのアクセスが良いのはもちろんですが、横浜方面へのアクセスも良いので、大都市への玄関口としては最適な地域で、東京のベッドタウンとして人気の都市です。

 

そのため川崎市の場合には特に個人再生に関するメリットが大きいのではないかと感じます。

 

では具体的に川崎市で個人再生を利用するメリットやデメリットはどのようなことが考えられるのでしょうか?

 

川崎市で個人再生を利用するデメリット

 

依頼料金が高い

 

個人再生は自己破産と任意整理の中間のような債務整理方法ですが、手続きは裁判所で行うため、面倒な書類作成が多く手続きは非常に複雑で難しいです。

 

そのため個人再生は依頼料金が高いという特徴があり、料金は自己破産とそこまで違いがないくらいです。

 

個人再生の依頼料金の相場は40万円から60万円くらいだと思っておくといいです。

 

住宅ローン特則という制度を付与すると60万円近くになるので、依頼を検討する場合にはそのあたりも考慮しながら選択するといいのではないかと思います。

 

基本的に個人再生は裁判所が関係する債務整理方法ということもあり、法外に高い料金というところはなく、逆にそこまで安いというところも少ないように思います。

 

手続きに時間がかかる

 

個人再生は手続きが複雑な債務整理方法で、一般的に良く利用されている小規模個人再生を利用する場合には、手続きを進める中で再生計画案を債権者に認めてもらう必要があったりして、かなり手間がかかります。

 

実際に個人再生の手続きが終わるまでには数カ月くらいは必要になると思っておくといいです。まあ、個人再生に慣れている弁護士に依頼すれば多少は早く終わるかもしれないですが、時間がかかることは覚悟しておきましょう。

 

とは言っても、個人再生手続き期間中は、借金の取り立てもなく、借金返済の必要もないのでそこまで大きな負担はないです。

 

債務整理の対象を選ぶことができない

 

個人再生手続きは基本的に全ての借金が対象になるので、どの借金を債務整理対象にするのかという選択をすることはできないです。

 

そのため連帯保証人が設定されているような借金もまとめて債務整理対象になってしまうので、個人再生をすることによって連帯保証人に迷惑がかかってしまう可能性があります。

 

個人再生を利用する場合にはあらかじめ連帯保証人の有無を確認してから手続きを依頼することを忘れないようにしましょう。

 

借金総額が5000万円以下

 

個人再生は借金総額が5000万円以下でないと利用できないという制限があります。

 

ただ個人再生の場合は住宅ローン特則で住宅ローンは債務整理対象から除外することができるので、住宅ローン以外の借金で5000万円が上限だと理解しておくといいです。

 

利用条件として借金の条件があるのはデメリットではありますが、住宅ローン以外で5000万円以上の借金がある人なんてほとんどいないと思うので、そこまで大きなデメリットではないと思います。

 

むしろ5000万円以上の莫大な借金があるような場合には自己破産を利用した方がいいのではないかと思います。

川崎市で個人再生を利用するメリット

 

借金の理由が問われない

 

個人再生は借金の理由が問われないので、ギャンブルや浪費はもちろんですが、株やFXなどの投資による借金で整理することが可能です。

 

個人再生に関しては裁判所で行う債務整理方法なので、自業自得の借金理由だと認められないのではないかと勘違いしている人も多いですが、実際にはどんな借金理由でも個人再生手続きは可能です。

 

そのため、借金理由で自己破産を利用できない人が個人再生で債務整理をするというケースが珍しくないです。

 

最大で借金が10分の1まで減らせる

 

個人再生は借金減額幅が非常に大きい債務整理方法で、最大で借金が10分の1まで減らせることができます。

 

これってかなり大きな借金減額幅ではないでしょうか。つまり借金が5000万円あったら、個人再生することによって一気に借金が500万円まで減らすことができるということになります。

 

借金の減額幅は借金額によって違ってきますが、自己破産の次に借金減額幅の大きい債務整理方法なので利用者としてはメリットが大きいのではないかと思います。

 

家を残したままで債務整理することができる

 

個人再生の一番大きなメリットは、家を残したままで大幅に借金を減額することができるということだと思います。

 

自己破産すると借金をなくすることができますが、その代わりに家も失うことになるので大きな生活の変化を余儀なくされてしまいます。

 

しかし、個人再生なら家を残したままで大幅に借金を減らすことができるので、利用者としてメリットが大きいです。

 

特に連帯保証人になってしまって、突然大きな借金を背負ったしまったような場合には、個人再生を利用することで、家を残しながら借金を整理できるのでオススメです。

 

川崎市のようなベットタウンだと、家を残しながら大幅に借金を減らすことができる個人再生に関する需要は大きいのではないかと思います。

 

ただ個人再生は複雑な債務整理方法で、個人再生の中にも複数の手続き方法があるので、利用する前にはしっかりと無料相談を活用するようにしましょう。

川崎市で個人再生するならどこがいいのか?

川崎市個人再生どこがいい

 

川崎市で実際に個人再生を利用する場合に「どこがいいのか?」と依頼先で悩む人は多いと思います。

 

特に川崎市のような人口が多い大都市だと、個人再生に対応している弁護士事務所や司法書士事務所は多いので、依頼先選びで悩むのも無理のない話です。

 

また普段から弁護士や司法書士のお世話になっているという人は少ないので、そもそも法律事務所の選び方がわからないという人も多いです。

 

そこで川崎市で個人再生をどこに依頼したいいのかわからないという人は下記を参考にしてください。

 

川崎市で個人再生を利用するなら経験のある有名な弁護士事務所!

 

川崎市で個人再生を依頼する場合には、経験のある弁護士事務所依頼するのが良いと思います。

 

ポイントは司法書士事務所ではなく弁護士事務所だということです。司法書士事務所でも個人再生手続きを行っていますが、司法書士事務所の場合は手続きに色々な制限があり、そもそも司法書士では代理人になれないので裁判所での手続きは自分で行う必要があります。

 

そのため司法書士に個人再生依頼すると裁判所での手続き費用が高額になってしまって、手続き面はもちろんですが、費用面でも大きなデメリットが生じます。

 

司法書士事務所でもこういったことを知っているので、あまり個人再生に力を入れてない事務所が多かったりします

 

そのため川崎市で個人再生を利用する場合には弁護士に依頼するのがベストなのです。

 

また個人再生は手続きが複雑で難しい債務整理方法なので、弁護士でも失敗する可能性があることから、できるだけ経験豊富な弁護士に依頼するのが望ましいです。

 

ただ経験豊富な弁護士に個人再生を依頼したほうがいいとは言っても、具体的にどうやってそういった事務所を探したらいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

 

そこで下記のサイトでは川崎市周辺で個人再生に慣れている有名な弁護士事務所をランキング形式でレビューしているので参考になると思います。

 

個人再生に関する詳しい情報はもちろんですが、無料相談を行っている事務所もいくつかピックアップされているので参考になると思います。

 

川崎市の法律事務所選びの参考になるサイト